Cafe Carusel(カフェ・カルーセル)

June 20, 2018

ヘルシンキの南地区の海沿いは、夏の休日になると多くの人で賑わいます。

公園や個人で所有する船を停泊させる船着場があり、人気のアイスクリーム屋さんも。

日光浴を楽しんだり、アイスクリームを片手に散歩をしたり。

 

今回は、そんな夏の人気エリアにある、海を眺めながら食事を楽しめるカフェ「Cafe Carusel(カフェ・カルーセル)」をご紹介します。

訪れたのは5月でしたが、25℃を越える真夏日となったこの日、Cafe Caruselにてランチをとることに。

 

 

 

店内に入るとカウンター前にお客さんの列が。

ショーケース越しに好きなものを店員さんに伝えてピックアップし、トレイにのせてお会計をする、という流れのセルフ形式となっています。

 

 

まずはサンドイッチなどの軽食が並んでいます。

エビがたっぷり載ったオープンサンドやサーモンのキッシュ、フィンランドの伝統的な軽食、カレリアンピーラッカなど、どれもおいしそう!

平日は11時から14時の間、サラダビュッフェとドリンク込みの日替わりのランチメニューもあります。

 

 

そして、次に並んでいるのがスイーツ。

ベリーのタルトやチョコレートケーキなど、どれもボリューム満点ですが、ついつい「ランチのあとにこれも・・・」と思ってしまうほど。

スムージーやアイスクリームもあり、暑い日にはぜひテラス席でいただきたいですね。

 

 

もちろん、ティータイムの定番・シナモンロールも。

カルダモンが効いたフィンランドのドーナツ、ムンキもあります。

コーヒーやお茶はお会計時にオーダー。

 

 

店内にもたくさん席はありますが、お天気がいいこの日はやはりテラス席へ。

店内右手奥に進むと、広々としたテラス席があります。

 

 

今回ランチにいただいたのはサーモンとアボカドのピザ。

お会計時につい誘惑に負けて、ムンキも追加してしまいました・・・。

サラダ感覚でいただける、フレッシュな野菜とジューシーなサーモンがたっぷりとのったピザは、夏の暑い日にはぴったりのメニューです。

 

 

海を眺めながらのランチタイム。

海の向こうに見える岩のような形の建物は、2016年にオープンした公共サウナ「Löyly(ロウリュ)」です。

また、夏の観光地として人気のピヒラヤサーリ島(Pihlajasaari)行きのボートを待つ人の姿も見えます。

 

 

テラス席にはお客さんだけでなく、カモメやスズメなどの鳥たちの姿も。

飲食店の屋外席ではよく見る光景ですが、席を離れる際はご飯を狙われることがありますのでご注意を。

また、席に着く際にはテーブルとイスの確認をおすすめします。

 

 

冬が寒く長いフィンランドでは、短い夏の間、太陽のもとでゆっくりと過ごす時間は何よりも贅沢!

平日は夜10まで営業しているので、日の長い夏の夜を満喫するのにも最適です。

 

海を眺めながら、海風を感じながら食事を楽しめるCafe Carusel(カフェ・カルーセル)は、夏にはぜひ利用したいおすすめのスポットです。

 

 

 

Cafe Carusel(カフェ・カルーセル)

<アクセス>

●住所:Merisatamanranta 10, 00150 Helsinki, Finland

●営業時間:10:00~22:00(月~土)、11:00~20:00(日)

●URL:https://carusel.fi/(フィンランド語)

●アクセス:バス停「Meritori」から徒歩約4分、バス停「Eira」から徒歩約2分、トラム「Eiran sairaala」から徒歩約6分

Please reload

公益社団法人日本通信販売協会会員
公益財団法人日本健康・栄養食品協会会員
関西日本・フィンランド協会会員
日本ブルガリア協会法人会員

運用者:株式会社わかさ生活  

Copyright (C)WAKASA SEIKATSU Corporation. All Rights Reserved.