Moi from Finland

フィンランドからの手紙

 

フィンランド在住のムーミン研究家・森下圭子さんがフィンランドの美しい自然や日々の暮らしをつづったエッセイ。

森下圭子さん

(Keiko Morishita-Hiltunenさん)

ムーミンが大好きで、ムーミンとその作家トーベ・ヤンソン研究のためにフィンランドへ渡り、そのまま住み続けている森下さん。今はムーミン研究家として、またフィンランドの芸術活動や、日本へフィンランドを伝える窓口として、幅広く活躍中。

3月 春、と声に出した日

2021.03.19

太陽が眩しくて、鼻をクンクンさせたとき。散歩中、小鳥の歌声に気づいたとき。こうやって少しずつ春の訪れを感じていく。やがて海を覆っていた氷が割れてぷかぷかと向こうのほうへ流れていくさま、ヤナギの枝のネコヤナギと、視覚的にも春の兆しを確認する。

2月 氷の世界と広がる世界

2021.02.19

今か今かと待ちわびた日。それが凍った海の上を自由に行き来する日だった。今年はヘルシンキでも1月中旬にマイナス20℃になったりしたので、海の氷が十分に厚くなるのは早いかと思いきや、雪が降り続いたことで分からなくなってしまった。

1月 ダウンコートと雪遊び

2021.01.22

ラップランドのあちこちでマイナス40℃目前まできていたとき、ヘルシンキは相変わらず雪もなく、また暖冬なのかなと思っていたところへ吹雪がやってきた。

Back number

20000379_08_200_JP.png

公益社団法人日本通信販売協会会員
公益財団法人日本健康・栄養食品協会会員
関西日本・フィンランド協会会員
日本ブルガリア協会法人会員

運用者:株式会社わかさ生活  

Copyright (C)WAKASA SEIKATSU Corporation. All Rights Reserved.