7月 夏休の過ごしかた

待ちに待った7月。会社勤めの人も長い夏休み、多くのの工場は機械も完全に停めてしまう。一斉にお休みだ。最近では、まず家でふだん忙しくてできてなかったことをゆっくりやって、それからサマーハウスに行ったり、ぶらぶらと旅をする人たちも増えている。10年前ならいつもぎっしり並ぶ路上駐車の車が急になくなってガランとしたヘルシンキの街並みも、最近では車が通りから消えることはなくなった。思えば首都ヘルシンキにも海があり森があり、島でピクニックしたり海辺でゆっくり読書をすることもできる。ベリーだって摘めるのだ。

 

 

ヘルシンキで地元の人たちがどんな風に夏を楽しんでいるか。散歩、自然の恵みをたっぷり楽しむ、眺めのいいところでゆっくり……今日はそれぞれのご案内を簡単にさせていただこうと思います。まずは散歩。ヘルシンキの夏を堪能したいなら海辺の散歩道と言われるほど。街の南の海岸沿いにはカフェやアイススタンドもある。海からのやさしい風、空と海の青くすがすがしい風景、そこに犬を連れた人、ベビーカーを押しながらの人、通り過ぎる人たちと何となく笑顔を交わしていく。心地よいひとときだ。そして自然の恵みといえばベリー。この夏すでにブルーベリーがいい感じで熟している。ブルーベリーやその他のベリーも緑の豊富なところへ行けば、遠くの森までいかなくても大丈夫。たとえばヴィーッキやセウラサーリ野外博物館でもいい。さて眺めのいいところはヘルシンキ市の観光案内所で配布しているアウトドアマップを参考に。これには眺めの美しいところがマークされているのだ。街のあちこちにあるので、きっと徒歩圏内で見つけられるはず。

 

 

さらにもう少し踏み込んでフィンランドの人たちの夏を体験したいなら、バーベキューがおすすめ。例えばセウラサーリでは薪がおいてあって、スーパーでソーセージなど買っていけば無料でバーベキューが楽しめる。ひとつの焼き場で薪という自然からのいただきものを知らない人同士、一緒に大切に使う。フィンランドの人たちの暮らしぶりや楽しみ方を、少し垣間見られるのではないでしょうか。もう少し続く白夜の季節、夜の10時頃でもピクニックしている人たちがいる

 

(文章・写真 森下圭子)

ブルーベリーの実がまだ青々としているところ、少し色づき始めたところ、そして熟したところ。

この夏は夕立が多い。突然のどしゃ降りの中を自転車で走っていたら。フィンランドの人にとっても珍しい二重の虹だったらしく、雨にあたられながら、写真をとっている人たちがあちこちにいた。

セウラサーリ野外博物館にて。博物館というだけでなく、自然を楽しむ場所としてもオススメ。

森下圭子さん

Keiko Morishita-Hiltunenさん

 

 

ムーミンが大好きで、ムーミンとその作家トーベ・ヤンソン研究のためにフィンランドへ渡り、そのまま住み続けている森下さん。今はムーミン研究家として、またフィンランドの芸術活動や、日本へフィンランドを伝える窓口として、幅広く活躍中。

公益社団法人日本通信販売協会会員
公益財団法人日本健康・栄養食品協会会員
関西日本・フィンランド協会会員
日本ブルガリア協会法人会員

運用者:株式会社わかさ生活  

Copyright (C)WAKASA SEIKATSU Corporation. All Rights Reserved.