フィンランド

- 芸術と自然が溶け込む森と湖の国

 

国土の68%が森林、10%が湖沼という森と湖の国フィンランド。

国内には約19万個の湖があります。

マリメッコなどのデザインやサンタクロースでも有名です。

●基本情報●

国名:フィンランド共和国

   (Republic of Finland)

首都:ヘルシンキ

人口:543.9万人(2013年)

言語:フィンランド語

通貨:ユーロ(€)

ヘルシンキ

- Helsinki

 

フィンランドの首都。ヘルシンキ大聖堂や元老院広場は人々の憩いの場となり、ブルーベリーをはじめ野菜や果物、魚介類から民芸品などが並ぶマーケット広場は昼間のにぎわいを見せます。

おしゃれなカフェやショップも必見。

スオメンリンナ

- Suomenlinna

 

ヘルシンキ湾を揺られること20分弱で、世界遺産の島スオメンリンナに到着します。今でも島には要塞の城壁や大砲、潜水艦ヴェシッコなどが残っています。しかしかつての戦場も、今では市民にとっての大切な憩いの場所です。

ロヴァニエミ

- Rovaniemi

 

北極圏・ラップランドの中心都市、ロヴァニエミ。ここでは白夜に育まれたブルーベリーや、サーメと呼ばれる先住民族など、その豊かな土地と伝統を垣間見ることができます。