8月 夜空の星と夏のおわり

何気に見上げた夜空というのが怖い。暗い夜空はまだ先のこと、そんな時期に星を見つけてしまったときの寂しさ。気分はまだ白夜なのに、星が見えるってことは、それなりに夜空の色が濃く深くなってきているということなのだ。

 

 

8月に入り、ラップランドでの夏休みを終えてヘルシンキに戻ってきた。夜遅くにノルディックウォーキングをしようと歩きはじめてみたら、森の中で視界がきかなくて、またまた白夜と夏の終わりを告げられてしまった気分だ。とにかく心の隙をついて、目にするいろんなところから夏の終わりが忍び寄ってくるのが8 月のはじまりなのかもしれない。

 

 

夏の終わりはもの寂しいけれど、ここでがっくり気持ちを沈めるわけにはいかない。終わりとはいえまだ夏なのだ、謳歌(おうか)しないでどうする!といわん ばかりに街も騒がしい。自然の真っ只中での日々を終えての友人たちとの再会。こうして夏休みの後は、夏を最後まで楽しもうという気持ちと、久しぶりにあう 愉快な仲間たちとのひとときで毎日があっという間に過ぎていく。ひとりで夜空を見上げたときの寂しさとは裏腹に、わいわいと賑やかに心を弾ませるのも8月なのだ。

 

 

今年はいつも以上に夏が去っていくのが寂しく感じられ、何度も空に向かって「いやだいやだ」と心の中でつぶやいていた。ついに漆黒の夜空が見えてすら、まだ夏を慕って白夜を想ってしまう。するとどうだろう、暗く黒く見えていた夜空が、まるで影絵の空のようにやんわりと光をはらんだように見えてきた。

 

 

フィンランドでは夏の終わりになるとあちこちで花火大会がある。白夜の頃は夜だって明るい青空が広がり花火の醍醐味が味わえない。そこで空に闇が訪れたときに花火大会となるのだ。いつも花火があがると夏の終わりを完全に告げられた気がしていたけれど、なんだか今年は違う。夏を最後の最後までしっかりと楽しみ祝おう、そんな気分で花火大会を待っている。何時間もゆらゆらと光を放つろうそくとは違う、花火の華やかさとはかなさは、フィンランドの夏にとても合っているように思えるのだった。

 

(文章・写真 森下圭子)

ラップランドの夕暮れは夏の終わりとともに少しずつ赤みを増して長くなっていく。

ベリーのなかで最も貴重といわれるクラウドベリー。市場では他のベリーたちの数倍の値がする。1粒見つけただけでも大喜び。

夏の終わり。かもめの佇まいにも、夏に見せた激しく攻撃的な感じがなくなってきている。

森下圭子さん

Keiko Morishita-Hiltunenさん

 

 

ムーミンが大好きで、ムーミンとその作家トーベ・ヤンソン研究のためにフィンランドへ渡り、そのまま住み続けている森下さん。今はムーミン研究家として、またフィンランドの芸術活動や、日本へフィンランドを伝える窓口として、幅広く活躍中。

公益社団法人日本通信販売協会会員
公益財団法人日本健康・栄養食品協会会員
関西日本・フィンランド協会会員
日本ブルガリア協会法人会員

運用者:株式会社わかさ生活  

Copyright (C)WAKASA SEIKATSU Corporation. All Rights Reserved.