「明日、流星群が見られるらしいですよ」と教えてもらったものの、複雑な気持ちになるのが8月。フィンランドの南部に暮らしていれば、この時期はもう闇夜がやってくる。夜中になっても空が明るいわけではないのだ。朝晩の冷え込みも相当なもので、北のほうでは霜もおりれば、南だって10℃を切ってしまうほどだ。

 

とはいえ日中は半袖でいられるほど、庭は相変わらず芝刈りを必要とするし、21時閉店のスーパーにギリギリ入っても外はまだ明るい。テラスで寛ぐカフェの時間があり、さらにはまだ夏休み中の人たちもいる。なんといっても日本にいた年月のほうが長い私にとって、8月はまだまだ夏だと思いたい。フィンランドの夏を堪能するのは「白夜」だな、というわけで、闇が訪れ空に星が見えてしまうのは、私にとっては夏の終わりを告げられるようなものなのだ。星はまだ見たくない。

 

結局わたしは流星群でなく、夏の気分に浸るほうを選択し、闇夜の空を見上げないようにして夜を過ごした。

 

8月になるとヘルシンキの街に活気が戻る。森や海での夏休みを終えてリフレッシュした友達や仕事仲間が戻ってきて、久しぶりにお互いの近況を語り合ったり夏の思い出を共有する時間はなんとも楽しい。久しぶりに大勢でご飯を一緒に作ったり、誰かの職場に集まったり。休暇の前にキリキリしていた表情、疲れきっていた顔もすっかり元気になっている。

 

しっかり休んで新たな気分で面白いことを企画してみたり、夏には一人でせっせと採っていたベリーやきのこを誘い合って皆で行く予定をたててみたり。

 

夏から秋への移ろいゆく時期というのは、フィンランドでは格別だと思う。8月、これから私は電気と水道のない島で過ごすことになっている。高い波、星空、たぶん私は夏の終わりをひしひしと感じることになるだろう。ほんのり寂しさを抱きながら、それでも島を裸足で歩き、電気がなくても長いあいだ本が読める夏ならではの時間をしみじみと楽しむのだろう。

 

 

(文章・写真 森下圭子)

クリスマスに読みたい絵本

350_Ehon_28331.jpg
名称未設定-2-07.jpg

======================

わすれられないクリスマス

======================

●2,000円(+税)(古書)

●作:マウリ・クンナス

●訳:いながきみはる

​12月に入り年末がだんだんと近づいてきました。でもその前に年に1度の大イベントがありますね。そうですクリスマスです。大人になった今でも、この日が近づいてくるとなんだかソワソワしてしまいます。

クリスマスといえば忘れてはいけないのがサンタクロースです。フィンランドの北部ラップランド地方の主要都市ロヴァニエミ市内にはサンタクロースの故郷「サンタクロース村」があります。北極線の​ちょうど真上にあり、世界中から年間30万人以上が訪れ、仕事中のサンタクロースがいつでも温かく迎えてくれます。また、フィンランド政府公認のサンタクロースと写真撮影をしたり、特別な消印が押された手紙などを送ることができ、村は1年中クリスマスムードに包まれているそうです。

4215213_s.jpg

​今回紹介する絵本は、そんなフィンランドの絵本作家マウリ・クンナス作の『わすれられないクリスマス』です。主人公のオンニのお父さんは運送会社の社長さんでお金持ち。一人息子のためにトラック2台分のクリスマスプレゼントを買ってきます。しかし、オンニは何をもらっても喜びません。せっかくプレゼントを持って来てくれたサンタさんを「プレゼントは山ほどあるから、サンタさんのプレゼントはいらない」と追い返してしまうのです。そんなクリスマスの晩に不思議なことが起こります。さあ、一体どんなことが起こるのでしょうか。

49083_s.jpg

​細かく描かれたユニークなイラストにも目を惹かれます。物語だけでなくイラストのみでも楽しめる遊び心満載の絵本です。1度だけでなく、何度も何度も楽しめるところも魅力的です。また、美しい言葉とファーストカットの次にタイトルのページが続き、まるで映画のように始まるスタートにも注目です。

​まるでクリスマスプレゼントのようなわくわくドキドキが詰まった『わすれられないクリスマス』、是非読んでみてください。