「明日、流星群が見られるらしいですよ」と教えてもらったものの、複雑な気持ちになるのが8月。フィンランドの南部に暮らしていれば、この時期はもう闇夜がやってくる。夜中になっても空が明るいわけではないのだ。朝晩の冷え込みも相当なもので、北のほうでは霜もおりれば、南だって10℃を切ってしまうほどだ。

 

とはいえ日中は半袖でいられるほど、庭は相変わらず芝刈りを必要とするし、21時閉店のスーパーにギリギリ入っても外はまだ明るい。テラスで寛ぐカフェの時間があり、さらにはまだ夏休み中の人たちもいる。なんといっても日本にいた年月のほうが長い私にとって、8月はまだまだ夏だと思いたい。フィンランドの夏を堪能するのは「白夜」だな、というわけで、闇が訪れ空に星が見えてしまうのは、私にとっては夏の終わりを告げられるようなものなのだ。星はまだ見たくない。

 

結局わたしは流星群でなく、夏の気分に浸るほうを選択し、闇夜の空を見上げないようにして夜を過ごした。

 

8月になるとヘルシンキの街に活気が戻る。森や海での夏休みを終えてリフレッシュした友達や仕事仲間が戻ってきて、久しぶりにお互いの近況を語り合ったり夏の思い出を共有する時間はなんとも楽しい。久しぶりに大勢でご飯を一緒に作ったり、誰かの職場に集まったり。休暇の前にキリキリしていた表情、疲れきっていた顔もすっかり元気になっている。

 

しっかり休んで新たな気分で面白いことを企画してみたり、夏には一人でせっせと採っていたベリーやきのこを誘い合って皆で行く予定をたててみたり。

 

夏から秋への移ろいゆく時期というのは、フィンランドでは格別だと思う。8月、これから私は電気と水道のない島で過ごすことになっている。高い波、星空、たぶん私は夏の終わりをひしひしと感じることになるだろう。ほんのり寂しさを抱きながら、それでも島を裸足で歩き、電気がなくても長いあいだ本が読める夏ならではの時間をしみじみと楽しむのだろう。

 

 

(文章・写真 森下圭子)

「ムーミンの日」におすすめな本

======================

ムーミンと森のピクニック

======================

●1,200円(+税)(古書)

●作:パイヴィ・アレニウス

●訳:すえのぶひろこ

8月9日は「ムーミンの日」です。そしてなんと、今年2020年は「ムーミン75周年」なんです。1945年に最初の小説『小さなトロールと大きな洪水』が発表されてから、4分の3世紀が経ったことになります。ムーミンはフィンランドの国民的作家であり、画家・芸術家であるトーベ・ヤンソンによって、小説シリーズ、絵本、コミックスとして描かれ、世界中の人々から今も愛され続けています。

“みんなにもっとムーミンを知ってほしい”という想いで2005年から始まった8月9日の「ムーミンの日」ですが、実は関係者は日付を決める際に頭を悩ませたそうです。

2004年のとある日、ムーミンの関係者が集まり、来年はムーミンの最初の本『小さなトロールと大きな洪水』が発表されて60周年ということで、毎年お祝いする「ムーミンの日」を決めてその日にイベントをしようという話になりました。ムーミンの日なのだから、ムーミンの誕生日がいいのでは?となりましたが、ムーミンはおろか登場人物の誕生日は原作の中には出てきていないのです。次に、ムーミンの最初の本が発表されてから60周年だから、その本の出版日がいいのでは?となりましたが、出版日についても“1945年の年末”としか分からず、正確な日付がわからなかったのです。

次に、作中でムーミンたちもお祝いする夏至の日がいいのでは?となりましたが、夏至の日は毎年同じではないということで決まりませんでした。日本のムーミンファンは以前から6月3日を「ムーミンの日」と言っていますが、日本語の語呂合わせだとフィンランドの方々に一緒にお祝いしましょうと提案することができないのです。何度も打ち合わせを重ねた結果、「全世界で通用する記念日」ということでムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソンさんの誕生日である8月9日に決まりました。

今回は「ムーミンの日」におすすめの、子どもから大人まで楽しめるムーミンの絵本『ムーミンと森のピクニック』を紹介します。

この本は、ムーミンたちのお話を進めながらページ毎に隠れているさがしものを見つけていく「さがし絵本」です。ムーミンたちと森へ行って、きのこを採ったりベリーを摘んだりする中で、ムーミンたちの持ち物や、お話にある質問の答えを絵の中から探していきます。

さがしものはお話と連動しており、楽しく読み進めることができます。ページのどこかに隠れているちびのミイも探してみてください。作者のパイヴィ・アレニウスは、トーベ・ヤンソンが創り出す温かい世界観とキャラクターを理解する能力に加え、色彩豊かなアプローチと軽妙なタッチによって、いちはやくムーミンの公認イラストレーターになった方です。とてもカラフルで楽しいイラストがたくさん描かれているので、見ているだけでも楽しくなる絵本です。

ムーミンの絵本を読んで、75周年の「ムーミンの日」を盛り上げましょう。

公益社団法人日本通信販売協会会員
公益財団法人日本健康・栄養食品協会会員
関西日本・フィンランド協会会員
日本ブルガリア協会法人会員

運用者:株式会社わかさ生活  

Copyright (C)WAKASA SEIKATSU Corporation. All Rights Reserved.