「明日、流星群が見られるらしいですよ」と教えてもらったものの、複雑な気持ちになるのが8月。フィンランドの南部に暮らしていれば、この時期はもう闇夜がやってくる。夜中になっても空が明るいわけではないのだ。朝晩の冷え込みも相当なもので、北のほうでは霜もおりれば、南だって10℃を切ってしまうほどだ。

 

とはいえ日中は半袖でいられるほど、庭は相変わらず芝刈りを必要とするし、21時閉店のスーパーにギリギリ入っても外はまだ明るい。テラスで寛ぐカフェの時間があり、さらにはまだ夏休み中の人たちもいる。なんといっても日本にいた年月のほうが長い私にとって、8月はまだまだ夏だと思いたい。フィンランドの夏を堪能するのは「白夜」だな、というわけで、闇が訪れ空に星が見えてしまうのは、私にとっては夏の終わりを告げられるようなものなのだ。星はまだ見たくない。

 

結局わたしは流星群でなく、夏の気分に浸るほうを選択し、闇夜の空を見上げないようにして夜を過ごした。

 

8月になるとヘルシンキの街に活気が戻る。森や海での夏休みを終えてリフレッシュした友達や仕事仲間が戻ってきて、久しぶりにお互いの近況を語り合ったり夏の思い出を共有する時間はなんとも楽しい。久しぶりに大勢でご飯を一緒に作ったり、誰かの職場に集まったり。休暇の前にキリキリしていた表情、疲れきっていた顔もすっかり元気になっている。

 

しっかり休んで新たな気分で面白いことを企画してみたり、夏には一人でせっせと採っていたベリーやきのこを誘い合って皆で行く予定をたててみたり。

 

夏から秋への移ろいゆく時期というのは、フィンランドでは格別だと思う。8月、これから私は電気と水道のない島で過ごすことになっている。高い波、星空、たぶん私は夏の終わりをひしひしと感じることになるだろう。ほんのり寂しさを抱きながら、それでも島を裸足で歩き、電気がなくても長いあいだ本が読める夏ならではの時間をしみじみと楽しむのだろう。

 

 

(文章・写真 森下圭子)

春におすすめ!この季節に読みたい絵本

=============================
ぶた

=============================

●1,000円+税

●作・絵:ユリア ヴォリ

​●訳: 森下圭子

フィンランドで人気の「ぶた」シリーズの絵本です。

主人公の日々の生活が、その哲学的な感性全開のつぶやきとイラストとともに日記風に描かれています。ウィットに富んだ主人公のつぶやきはその日記が進むごとにどんどん引き込まれる作品です。

新学期が始まるこの時期に、この絵本の主人公の生活を少しのぞき見してみませんか。

日本語訳を手掛けられた森下圭子さんは当サイトでもフィンランドでの暮らしをつづったコラム「Moi from Finland」を連載いただいております。

​是非併せてご覧ください。

=============================

リーサの庭の花まつり=============================

●1,500円+税

●作・絵:エルサ・ベスコフ

​●訳: 石井登志子

スウェーデンを代表する作家エルサ・ベスコフの絵本です。

ある日、主人公のリーサがひとりでお留守番をしていると、庭に花の妖精が現れ、花まつりに招待するからとリーサに目を閉じるように言いました。
しばらくしてリーサがゆっくりと目を開くと、そこには様々なお花の妖精が集うとても華やかで不思議な世界が繰り広げられていました。

お花の挿し絵もやさしく色合いの美しい絵本です。

リーサと妖精と一緒に春を感じてみませんか。

公益社団法人日本通信販売協会会員
公益財団法人日本健康・栄養食品協会会員
関西日本・フィンランド協会会員
日本ブルガリア協会法人会員

運用者:株式会社わかさ生活  

Copyright (C)WAKASA SEIKATSU Corporation. All Rights Reserved.