Taito Shop Helsky(タイト・ショップ・ヘルスキー)

April 13, 2018

ヘルシンキの観光スポットであるマーケット広場からも程近く、エスプラナーディ通り沿いに位置する「CraftCorner(クラフトコーナー)」は、フィンランドの手工芸品、アート、デザインの発信地。

商品の販売や展示会、イベントを通じて、フィンランドの作家による作品の魅力を発信しています。

 

CraftCorner内の店舗の1つ、「Taito Shop Helsky(タイトショップヘルスキー)」は、小規模なブランドや若手作家にとってのマーケティングの場となるようスタートした、40年以上続くお店です。

今回はこのTaito Shop Helskyをご紹介します。

 

暮らしを豊かにするようなもの、ギフトにぴったりなものを多く取り揃え、様々なテイストの商品が並ぶ店内。

 

まず目に飛び込んできたのは白樺の素材を使った温かみのある手工芸品。

白樺のバスケットやボックスは、職人の手仕事が光るフィンランドの手工芸品の代表作です。

 

そしてこちらのウールの鍋敷きはフィンランドの主食であるライ麦パンがデザインとなったユニークなアイテム。

大きさや質感までも上手に再現されており、ライ麦パンがお好きな方にはぴったり!?

 

こちらはJokipiin Pellava(ヨキピーン・ペラヴァ)のリネンとコットンを使用したキッチンタオルやテーブルクロス。

優しい色合いと自然や風景をモチーフにしたデザインで、プレゼントとしても喜ばれそうです。

 

フィンランドといえばやはりサウナ!

サウナグッズにはJokipiin Pellava(ヨキピーン・ペラヴァ)のタオルのほか、ハンドメイドの石鹸やヘアケア商品を展開するOsmia(オスミア)のブルーベリーシャンプーなどが。

 

 

動物モチーフのアイテムも、フィンランドらしさを感じるものの定番です。

同じ動物がモチーフでもかわいらしいものからスタイリッシュなものまであり、ブランドによって全く異なるテイスト。

 

ヘルシンキのお土産には街並みがデザインされたグッズもおすすめ。

白樺のトレイやマグカップはぜひキッチンで飾っても楽しみたいですね。

 

また、お店のオリジナルの商品も展開しており、それがこちらの画家・Ebba Masalin(エッバ・マサリン)による植物標本図をデザインとして採用した商品。

ポストカードからキッチンタオル、カッティングボード、ベッドカバーまであり、製造はすべてフィンランドのメーカーです。

 

商品の販売だけでなく、CraftCorner内の別スペースにて作家を招いてのワークショップも開催しています。

店内にはワークショップでも使用する毛糸をはじめとした手芸品の取り扱いも。

バッグやぬいぐるみなどが手軽に作れるオリジナルのキットも販売しています。

 

 

 

商品の販売を通じてフィンランドのブランド、作家の活躍を支えるだけでなく、ワークショップを通じてものづくりの楽しさも伝えるTaito Shop Helsky。

フィンランド発のとっておきのアイテムを見つけに、ぜひ足を運んでみてください。

 

 

 

Taito Shop Helsky(タイト・ショップ・ヘルスキー)

<アクセス>

●住所:Eteläesplanadi 4, 00130 Helsinki, Finland

●営業時間:10:00~18:00(月~金)、10:00~16:00(土)

●URL:https://www.taitoetelasuomi.fi/craftcorner-helsinki(フィンランド語)

●アクセス:トラム「Kauppatori」から徒歩約1分

 

 

Please reload

公益社団法人日本通信販売協会会員
公益財団法人日本健康・栄養食品協会会員
関西日本・フィンランド協会会員
日本ブルガリア協会法人会員

運用者:株式会社わかさ生活  

Copyright (C)WAKASA SEIKATSU Corporation. All Rights Reserved.