Akademibokhandeln(アカデミーブックハンデン)

March 9, 2018

北欧に旅行で訪れた際、ぜひ覗いていただきたい場所の1つに本屋さんがあります。

もちろん、並んでいる本のほとんどはスウェーデン語の本になりますが、料理本や絵本などは見ているだけで楽しく、また雑貨などもチェックしてみるとおもしろいですよ。

「Akademibokhandeln(アカデミーブックハンデン)」は、スウェーデン国内に100店舗以上を展開する、スウェーデンを代表する書店です。

今回はスウェーデンの首都・ストックホルムの中心、Hötorget(ヒュートリエット)駅から歩いて7分ほどのところにあるStockholm Mäster Samuelsgatan(ストックホルム・メステル・サムエルスガータン)店をご紹介します。

 

 

 

訪れたのは年に1度の「Bokrea(ブックレア)=本のセール」直前ということもあり、店内に入ってすぐのところにはセール予定の本が山積みに。

すでに本にはセール価格のシールが貼られ、セール開始を予告する紙もあちこちに貼り出されていました。

 

 

 

専門書も多く取り揃え、本の著者によるサイン会や講演会も開催される大型店ということもあり、店内はかなり広々。

座ってゆっくり本を読むスペースもあります。

 

 

 

こちらは観光本コーナーに並ぶ英語で書かれたスウェーデンについての本。

右側の本は、「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味の「Lagom(ラーゴム)」というスウェーデンの概念について書かれた本です。

 

 

 

スウェーデンのおいしいレストランの情報をまとめた本は観光の情報収集にも。

画集や写真集は旅の思い出として買うのもいいですね。

 

 

 

中段に並ぶのは女性初・スウェーデン人初のノーベル文学賞受賞者として名高いSelma Lagerlöf(セルマ・ラーゲルレーヴ)による本。

すべてスウェーデン語ですが、飾りたくなるような素敵な表紙に思わず惹かれます。

 

 

 

もちろん雑誌のコーナーも。

おしゃれな北欧インテリアの雑誌はお土産にも喜ばれそうです。

 

 

 

本以外にもぜひチェックしていただきたいのが雑貨。

こちらはボードゲームやパズルが並ぶコーナー。

 

 

 

たっぷり本を入れられるようマチ付きで丈夫なつくりのトートバッグはAkademibokhandelnのオリジナル。

カラフルなプリントがかわいいですね!

 

 

 

レジ横に並ぶギフトカードも要チェック。

「Grattis(グラッティス)=おめでとう」といったスウェーデン語が書かれたカードは、スウェーデンに来たからこそ買えるアイテムです。

 

 

 

店内はカフェもあるので、観光途中の休憩にもおすすめです。

実はこちらのカフェ「K-märkt Epicenter(コーメルクトエピセンテル)」のパティシエは、ノーベル賞晩餐会で出されるデザートを2014年から4年連続で担当。実際に晩餐会で出されたものと同じデザートをいただくことができます。

 

 

 

Akademibokhandelnはストックホルム市内だけでも11店舗あります。目印は赤い「A」の看板。

旅行途中に立ち寄って、ぜひスウェーデンの本や雑貨をチェックしてみてください。

ちなみに本のセール、Bokreaは、Akademibokhandelnに限らず全国の各書店で毎年2月末ごろに実施されています。

 

 

Akademibokhandeln(アカデミーブックハンデン)

Stockholm Mäster Samuelsgatan(ストックホルム・メステル・サムエルスガータン)店

<アクセス>

●住所:Mäster Samuelsgatan 28, 11157 Stockholm, Sweden

●営業時間:10:00~20:00(月~金)、10:00~18:00(土)、11:00~17:00(日)

●電話:+46 10-744 11 00

●URL:https://www.akademibokhandeln.se/butik/stockholm-master-samuelsgatan/ (スウェーデン語)

●アクセス:地下鉄「Hötorget」から徒歩約7分

 

 

 

Please reload

公益社団法人日本通信販売協会会員
公益財団法人日本健康・栄養食品協会会員
関西日本・フィンランド協会会員
日本ブルガリア協会法人会員

運用者:株式会社わかさ生活  

Copyright (C)WAKASA SEIKATSU Corporation. All Rights Reserved.