「明日、流星群が見られるらしいですよ」と教えてもらったものの、複雑な気持ちになるのが8月。フィンランドの南部に暮らしていれば、この時期はもう闇夜がやってくる。夜中になっても空が明るいわけではないのだ。朝晩の冷え込みも相当なもので、北のほうでは霜もおりれば、南だって10℃を切ってしまうほどだ。

 

とはいえ日中は半袖でいられるほど、庭は相変わらず芝刈りを必要とするし、21時閉店のスーパーにギリギリ入っても外はまだ明るい。テラスで寛ぐカフェの時間があり、さらにはまだ夏休み中の人たちもいる。なんといっても日本にいた年月のほうが長い私にとって、8月はまだまだ夏だと思いたい。フィンランドの夏を堪能するのは「白夜」だな、というわけで、闇が訪れ空に星が見えてしまうのは、私にとっては夏の終わりを告げられるようなものなのだ。星はまだ見たくない。

 

結局わたしは流星群でなく、夏の気分に浸るほうを選択し、闇夜の空を見上げないようにして夜を過ごした。

 

8月になるとヘルシンキの街に活気が戻る。森や海での夏休みを終えてリフレッシュした友達や仕事仲間が戻ってきて、久しぶりにお互いの近況を語り合ったり夏の思い出を共有する時間はなんとも楽しい。久しぶりに大勢でご飯を一緒に作ったり、誰かの職場に集まったり。休暇の前にキリキリしていた表情、疲れきっていた顔もすっかり元気になっている。

 

しっかり休んで新たな気分で面白いことを企画してみたり、夏には一人でせっせと採っていたベリーやきのこを誘い合って皆で行く予定をたててみたり。

 

夏から秋への移ろいゆく時期というのは、フィンランドでは格別だと思う。8月、これから私は電気と水道のない島で過ごすことになっている。高い波、星空、たぶん私は夏の終わりをひしひしと感じることになるだろう。ほんのり寂しさを抱きながら、それでも島を裸足で歩き、電気がなくても長いあいだ本が読める夏ならではの時間をしみじみと楽しむのだろう。

 

 

(文章・写真 森下圭子)

同じトロールなのに少し違う?『三びきのやぎのがらがらどん』

三匹のやぎが草を食べに行く山の途中の橋には、こわーいトロールが!三匹は

無事に橋を渡ることができるのでしょうか!?

ノルウェー版(日本語訳)
========================
三びきのやぎのがらがらどん
========================
500円(税抜)

●絵:マーシャ・ブラウン

●訳:せたていじ

デンマーク語版
========================
De tre Bukke Bruse
========================
2,800円(税抜)

●絵:テンギンガー・スベンド・オットー

児童館などでも人気作『三びきのやぎのがらがらどん』を読んだことがある方は多いのではないでしょうか。

Wakasa Booksには、2種類の『三びきのやぎのがらがらどん』があります。

一冊は、元のノルウェーの昔話を、マーシャ・ブラウンが、絵を描き、

せたていじさんが日本語に訳したノルウェー版。そしてもう一冊は、

ノルウェーのお隣デンマークで出版された絵本。

あらすじは、三匹のやぎが山に草を食べに行く途中の橋で、こわーいトロールと対峙しながらも勇気を出して橋を渡りきり、おいしい草を食べることができたという有名なお話です。

ただそれぞれの国の自然が違うからか、トロールの描かれ方が違います。

そこで今回は、2種類の『三びきのやぎのがらがらどん』の読み聞かせとノルウェーとデンマークの自然の写真をみなさんに見比べてもらおうと思います。

読み聞かせ会当日は、北欧の2冊と

更に比較としてフランス版もお持ちします!

3びきのやぎのがらがらどん読み聞かせ会
●入場料:無料(税込)
●日時:2019年10月19日(土)14:00〜/16:00〜
●場所:Wakasa Books
●住所:〒108-0014 東京都港区芝4丁目4番地20

グーゴルプレックス・ミレニアムビル1F
●地図情報はこちらhttp://bit.ly/2KZtkp7
●ご予約・お問い合わせ:03-5439-6117

公益社団法人日本通信販売協会会員
公益財団法人日本健康・栄養食品協会会員
関西日本・フィンランド協会会員
日本ブルガリア協会法人会員

運用者:株式会社わかさ生活  

Copyright (C)WAKASA SEIKATSU Corporation. All Rights Reserved.